Posted by at

かぐや姫再び

2009年07月09日

地域活性化。

いろんな思いがそれぞれにある。

みな、誰しもが、住む街を嫌うはずもなく、

「大好き」であると私は思う。


しかし、身近すぎて、良さがわからなかったり、

あまりにも、恵まれすぎていて、見失っていることも多々あるような気がする。


私どもの住む「久留米市」には

見守るように「高良山」がそびえ、

命の息吹をあらわすかのように、筑後川が流れている。

保存禁止



筑後川には

歴史とともに語り告がれる「エツ」という貴重な魚が生育し、

高良山には

国の記念物に指定されている「金明竹」が生息し、

その裾野にひろがる筑後平野では

県内でも優秀な農産物の生産量を誇る。

市外、県外の人々からも

自然豊かなこの地は住環境にも恵まれ「素晴らしい都市」だと感じていただいている。







高良山の金明竹を眺めていて、

「もし、かぐや姫が再び地球へ戻ってくるならば、この高良山の金明竹だ。」



そう思った経営者がいた。

2006年のことだった。



夢やロマンだけではなく、

地域の特性・素晴らしさをどのような形にて「表現」するか、

些細なことかもしれないけど、

小さなことが、

感動をよび、共感する仲間が増え、各々が夢・ロマンを語り始める。

大きな輪へ広がっていく。



保存禁止  


Posted by たたみみ at 23:21Comments(0)

奏でる

2009年07月09日








音楽好きに悪い人はいない。


そんな言葉を聞いたことがあるような・・・・






いくつもの音が重なりあうときの「素晴らしさ」や「感動」は、


聞いたものだけしか味わうことができない・・・


いえ・・・奏でたものしか味わうことができない「感動」と「魔力」があるに違いない。


そんな「魔力」に魅せられた人々の「感動」が味わえる。









  

Posted by たたみみ at 00:17Comments(0)